チーム闘病記とは、これまでに闘病記制作に係わった人(編集者、校閲者、デザイナーなど)が企業の枠を越えて闘病者を支援するチームです

株式会社 星湖舎 instagram 出版相談コーナー 株式会社星湖舎 トップページ 既刊案内 本をつくろう 作品が本になるまで 星湖舎のお仕事
チーム闘病記

もしも、何かの病気に罹患して、経験者の話を知りたいと思った時に、良い闘病記は良質な体験を語ってくれます。副作用や再発など将来への不安が襲ってきた時に、良い闘病記は進むべき道を指し示してくれます。一人になって孤独に包まれた時に、良い闘病記はしっかりと心に寄り添ってくれます。
良い闘病記に出会って、人生が豊かになったと言う人がいます。良い闘病記との出会いは、ギフトだと言う人もいます。良い闘病記との出会いで、病気に向き合う視点が変わったと言う人もいます。
私たちチーム闘病記は、そんな良質な闘病記を選び出して、皆さんに提供できる情報源でありたいと願っています。

闘病記の役割とは

①病気とどのように向き合い、どのように生きていけばよいのか、医師や看護師など医療従事者からは伝わってこない本音の情報を知ることができる

  • ●病気との向き合い方
  •  ・「初期症状にどう対応したのか」・「症状が深刻化(悪化)した時に治療方法をどのように選択したのか」・「退院後はどのような暮らしをしたのか」・「再発や転移、副作用の不安とどう向き合ったのか」
  • ●医療との向き合い方 =「賢い患者」になる方法を学ぶ
  •  ・「病院や医師とどのように対応すればよかったのか」
  •  ・「医療従事者とどのようにコミュニケーションをはかればよかったのか」
  • ●患者本人との向き合い方
  •  ・「家族はどのように本人と接すればよいのか」・「嬉しかった言葉/辛かった・悲しかった言葉」
  • ●様々な民間療法の失敗体験記録

②「生きる」とは何かを学ぶ

闘病記の著者は、貴重な自分や家族の体験を、同じ病気に直面する患者やその家族に役立ててほしいという強い思いで書きます。そこには人生を前向きに生きようとする一人の人間の生き様があります。その生き様に触れることで読者は心がふるえ、感動し、涙します。あるいは腑甲斐ない自分を省みて涙することもあるでしょう。(ああ、なんて自分はちっぽけなことで悩んでいたのだろうか…)
この世に生きているということは奇跡なのです。この世に生まれきたことに感謝し、くじけそうな時は「生きる勇気」を闘病記から受け取って欲しいと思います。

③病気になった時の心構えを学ぶことができる

闘病記を何冊か読んでおくことで、たとえばがんの告知を受けた時、家族が大病に直面した時、ただただ狼狽(うろた)えるだけではなく、適切な行動を取るための心構えが学べて知識として備わります。

闘病記を選ぶ時の注意点

「内容の良質な良い闘病記を読むこと」

  • ★良い闘病記とは、
  • ①医療情報(治療方法や手術の内容など)がきちんと書かれていること
  • ②家族、親戚、友人、会社、学校、近所、医師、看護師など人との関わりが描かれていること
  • この2点が重要なポイントです。
  • ★(良質ではない)残念な闘病記とは、
  • ①宗教へ勧誘する内容の本
  • ②健康食品やグッズを売りつける内容の本
  • ③民間療法を積極的に勧める内容の本
  • ④自分の気持ちしか書かれていない本
  • (社会的に成功した経営者やタレントの闘病記に多い)自慢話や苦労話の押し付け的な本

「チーム闘病記」の活動内容

私たち「チーム闘病記」は闘病記の啓蒙と普及に向けてボランティア活動をしています。

(1)チャリティイベントに参加・展示・募金活動

チーム闘病記 イベント
がん患者を支援する24 時間チャリティイベント
「リレー・フォー・ライフ・ジャパン」や「キャンサーフォーラム」に参加して闘病記を展示したり、募金活動をしたりしています。

(2)闘病記をテーマにセミナーやフォーラム、フェスティバルなどのイベントを開催しています。

チーム闘病記 セミナー

(3)闘病記を啓蒙するリーフレットやチラシを作り、記事を雑誌などに掲載しています。

(4)「自費出版のセカンドオピニオン」を受け付けています。

セカンドオピニオンとは、よりよい決断をするために専門的な知識を持った第三者に意見を求めることです。

出版の相談時点で

  • 出版社や編集者の対応に不安や疑問を感じたとき、
  • 制作費用が高いと感じたときは、

迷わず自費出版のセカンドオピニオンを受けてください。

チーム闘病記とは

チーム闘病記マーク

これまでに闘病記に係わった人(著者、編集者、デザイナー、読者など)が、闘病記の啓蒙と普及を目的に集まったグループです。闘病中の人を支援するためのボランティア活動もしています。

「チーム闘病記」代表:金井 一弘(株式会社星湖舎代表取締役)

〒540-0037 大阪市中央区内平野町1-3-7 ベルヴォア内平野802 星湖舎内
TEL.06-6777-3410 FAX.06-6809-2403

私たちと一緒にイベントに参加いただける方や、闘病記の啓蒙活動にご協力いただける方を探しています。ご関心のある方は、ぜひご連絡ください!